スタートアップ投資部、始動。

平成22年の国勢調査によると、福岡市の若者率(15歳~29歳)は19.5%であり、政令市でトップの数値を残しています。つまり、福岡市における経済成長の起爆剤となるのは「若者たち」であると弊社は着目しました。約3年前に創業特区となった福岡市では学生起業家も増えています。2017年3月18日には、九州・沖縄地域における学生たちを対象とした学生向けスタートアップイベント「 TORYUMON 」を弊社主催のもと開催いたしました。九州中から150名もの学生たちが集まり、若者たちの熱気が感じられます。「第2回TORYUMON」も2017年9月16日に開催いたします。しかし、やはり若者には、ファイナンスやビジネスモデルに関する知識が不足しており、無用の失敗をしてしまう恐れがあります。投資と融資の違いがわからないという声も多く、ファイナンスや資本政策の知識の不足によって失敗をすると後戻りができません。そこで、適切な形で学生起業を加速させるべく、「スタートアップ投資部」を設立することで、学生たちのビジネスに対する知識向上と、起業に興味ある九州学生コミュニティ醸成を図ります。

主な活動内容

ベンチャー投資部、月イチ定例会

月に1度、 The Company において定例会を開催します。定例会では、世界で活動しているVC(Y Combinator、500 Startups、Techstars、Andreessen Horowitzなど)のポートフォリオや国内の新規スタートアップのビジネスモデルや特徴などを、学生自身でリサーチし、1人3分程度でプレゼンしていただきます。また、年に1度ビジネスアイデアの発表会を検討しており、希望する部員はF Venturesやメンターからフィードバックを受けることができます。

起業家・投資家などをお呼びしてイベント・勉強会

ベンチャー投資部主催で、業界の第一線でご活躍されている起業家・投資家の方々に講演していただきます。不定期で開催いたします。一般公開のイベントも行って参ります。また、先日開催したTORYUMON第二弾以降は、ベンチャー投資部も企画・運営に関わってまいります。

学生同士で行う自主的な勉強会・交流会

週1回、ベンチャー投資部の部員が自主的に集まり開催する勉強会です。お互いにスマホのホーム画面を見せ合ったり、気になるアプリを紹介し合ったりするようなカジュアルな会から、海外VCポートフォリオ、ビジネスモデルの研究、プロトタイプの作り方など投資家・起業家として必要な知識を、部員同士で切磋琢磨する場とします。

スポンサー企業による学生支援

スタートアップ支援を行う事業会社により、学生の起業支援を目的とした勉強会や交流会を行います。PR会社、人材、教育、クラウド、マスメディア、金融機関、メーカーなどの事業会社などから、さまざまな支援の用意を進めております。詳細に関しては今しばらくお待ち下さい。

部員応募条件

部員応募条件
  • 福岡県内の大学生
  • 週1回以上の参加が可能な方(主な活動場所は天神・博多周辺)
  • 起業・投資に興味がある方
募集期限
2017年7月31日 17時まで
募集人数

20名程度(選考を行います)
現在応募者人数は10人ほど(九州大学、福岡大学、北九州市立大学など)

部員応募条件
  • 福岡県内の大学生
  • 週1回以上の参加が可能な方(主な活動場所は天神・博多周辺)
  • 起業・投資に興味がある方

活動スケジュール

4月3日 募集開始(並行して選考)
4月19日 説明会 
5月6日 発足式
5月13日 第1回講義:Open Network Lab
5月20日 第2回講義:FinT廣川航氏 
6月10日 第3回講義:アドライト木村忠昭氏 
6月24日 リサーチプレゼン会 
7月7日 第4回講義:匠新 Takumi Innovators
4月19日 説明会 

スタートアップ投資部ブログ

スタートアップ投資部のブログを開設いたしました!

福岡のベンチャーに詳しくなるブログです。 福岡のスタートアップ情報を始め、
スタートアップ投資部の活動やイベント情報を今後も発信していきます。

第一投稿目では、「福岡市スタートアップ地図」を公開しております!

アクセス

過去登壇者

木村 忠昭

株式会社アドライト
代表取締役社長CEO

廣川 航

慶応大学・商学部・4年
株式会社FinT 取締役

田中 年一

匠新 Takumi Innovators
創業者CEO

松田 崇義

Open Network Lab
マネージングディレクター
シニアインベストメントマネージャー

部員プロフィール

長沼 克樹

部長
北九州市立大学
国際環境工学部 1年

福海 道登

副部長
九州大学
21世紀プログラム 1年

石河 凌平

福岡大学
商学部 4年

吉野 雅耶

九州大学
文学部 4年

河野 竜佑

九州大学
経済学部 2年

佐藤  慧雲

有明工業高等専門学校
1年

仲間  飛我

福岡大学
法学部 1年

杉山  裕磨

長崎国際大学
人間社会学部 3年

山口 晃志

福岡大学
工学部 3年

山田 孟騎

九州大学
経済学部 1年

出島  大和

福岡大学
商学部 1年

原口 光介

北九州市立大学
国際環境工学部 2年

多田 育心

九州大学
経済学部 2年

佐藤 和

九州工業大学
工学部 1年

松本 はやと

福岡大学
法学部 3年

両角 将太

1988年、福岡生まれ。福岡県私立福岡大学附属大濠高校を経て、2011年早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業。早稲田大学時代に大原簿記学校にて会社法や経営学、簿記一級レベルを習得。また、IT起業家特化型インタビューメディアの立ち上げと運営を経験。メディア運営がきっかけでサムライインキュベートに大学生インターンとして参画、その後正社員として入社。2012年、コワーキングスペースSamurai Startup Island(SSI)のマネージャーに就任。管理人として、SSIの管理やイベント運営を行った。年間200イベント開催してSSIの収益化に貢献。広報として、プレスリリースやメディアとの連携、投資先の広報支援を担った。また、堀江貴文サロンの立ち上げに寄与しSynapse成長の起爆剤となる等、人脈提供を介した投資先の事業支援も担っていた。2015年、社内起業家として、大企業とのアライアンスに務め、億単位の収益に届く事業をゼロから確立した。法人向け事業としてのアクセラレーター事業を立ち上げ、IBM Bluehubなどを代表例とした、大企業のアクセラレーター立ち上げ、サムライにおける投資以外の周辺事業を築き上げた。2016年、サムライインキュベートを卒業し、福岡を拠点としたベンチャーキャピタルF Venturesを設立。